解糖系?ミトコンドリア系?

こんばんは。今日はすっきり晴れると信じていたのですが、微妙なお天気の北九州でした。

お布団を干したかったのに、断念(-_-;)

それでも、久々に仕事の入っていない週末をありがたく味わいました。

日本ホメオパシーセンター北九州小倉北のホメオパス、辛島 恵美(からしま えみ)です。


今日は午前中に家の掃除や選択をすませ、しばらく行けなかった食料品の買い出しへ。

育ち盛りの子どもたち2人がいる我が家。

何が食べたい?と聞くと・・・「肉!!」

ほほう。肉ですかーーー。

ということで、知り合いのお肉屋さんへGO!

豚肉を買って「ギョーザ」作りましたよ(*^^)v

午後から買い物に行ったから、なんだか夕飯までにあまり時間がなくて、写真も撮ってません~~~(^^ゞ


50~60個作ったんだけど、あっという間に家族の胃袋へ。

特に4年生男子の食欲はすさまじい。

肉食獣です。

なんで、育ち盛りってこんなに食べるのかというと。。。


体には、エネルギーを作る2つのシステムがあるんです。

①酸素を必要とせず、糖質から瞬発力を産み出す「解糖系」

②酸素を取り入れて持久力を産み出す「ミトコンドリア系」

これを体はちゃんと使い分けているんです。

細胞内で作り出しているエネルギー(ATP:アデノシン三リン酸)を使い、生命活動をしています。

①が作るエネルギーは、電池2個分

・・・効率は悪いですが、低体温でも酸素は必要ないので、糖質から素早くエネルギーを作

   り出せます。


②が作るエネルギーは、電池36個分

・・・食べ物から取り出した水素を、取り入れた酸素と反応させ、深部体温37.5度で効率よ

   く大量のエネルギーを作り出します。


①と②は共存しています。

この2つのバランスをとりながら、年齢とともに解糖系→ミトコンドリア系へと移行させる!これが健康の要なのです。

母体から生まれ落ち、肺呼吸(酸素を取り入れる)が始まると当時に、ミトコンドリアは15歳くらいまで増え続けます。ミトコンドリアが多くなるまでは解糖系が優位なのです。

だから、15歳(高校生)くらいまでは、とにかく食べて活力確保!!しつつ成長なわけで、だから我が家の子どもたちもガツガツ食べるのです。

ギョーザ、私が食べたのはいくつだろう(;O;)


そして、20~50歳代は解糖系&ミトコンドリア系を活用。

50歳代は、小食への切り替えをするのに良い時期です。

いつまでも解糖系優位でいると、乳酸の量を増やし、それを処理するミトコンドリアの負担が増えてしまいます。すると、活性酸素により老化します。

だから、元気で長生きには、ミトコンドリア系への上手な移行が必要なんです(*^^)v

年をとるほどに、食事は少量で大丈夫なようになっています。

(私の食欲は一向に衰えませんが(-_-;)・・・大丈夫か???)


この先我が家のエンゲル係数、どんどん上がるんだろうな。

という不安を抱きつつ、「解糖系だからね!」と自分自身に納得させつつ、和やかな夕食タイムは終わりました。

めでたしめでたし。



愛鳥家ママのやさしいホメオパシー&やさしい子育て日記

日本ホメオパシーセンター北九州小倉北の代表&ホメオパス兼2児の母の日々を綴るブログです。薬をなるべく使わないで自然の力や食べ物の力を借りて心地よい暮らしを目指しています

0コメント

  • 1000 / 1000