homophomoeopathy-kitakyu

記事一覧(519)

0でもなく100でもなく

 自然療法を学んでいくと、それに付随して食事のことやその他もろもろを学ぶのも楽しくて、本も読みまくったし、セミナーにも行ったし。その途中でね、ちょっと苦しくなった時がありました(^^ゞ絶対これはダメっていうものが増えてしまって・・・。家族中を巻き込んでた(笑)今まで使っていた調味料もテレビも電子レンジも、薬も、あれもこれも・・・。確かに、食品添加物を体に入れないほうがいいし、レンジで何でもかんでも調理しないほうがいい。子どもにテレビばかり見せないほうがいいだろうし、ゲームも長時間させないほうがいい。私、「ほどよく」が苦手で、何でも「きっちり」やらなきゃ嫌だったから、疲れたのです。「いい」「悪い」で分けてしまうと、中間がなくてイライラする。だから、笑顔のお母さんでいられなくなる。夫や子どもが食べ残したりすると、むっとしたりして・・・。せっかく栄養のこと考えて、遠くまで無農薬無肥料のお野菜買い出しに行ったのにって心の中で考えてしまって。そうすると、夫や子どもも、結構私の顔色気にしちゃうし、家の中ぎすぎすした波動でいっぱいになる。それなら、0でも100でもなくて、「ほどほど」でいいんじゃない?って思うの。忙しくて、おかずを一品お惣菜ですませたとしても、食品添加物が体に入って大変なことになるって考えずに、このお惣菜のよい栄養素が体をつくってくれますって考えて食べた方が、美味しいし栄養になる。そういうふうにしたら、まず最初に私が楽になって♡笑顔でいられるから、うきうきしていられるから、家の中は楽しい波動で満たされる♫私、ホメオパスしているものだから、たまにスーパーなどでクライアント様にばったりでくわすと、びっくりされることが!(^'^)えっ。普通のお菓子食べるんですか?って。はい!食べます。ほどほどに(笑)そんな感じの今日この頃。

Lotti Karotti(ロッティ・カロッティ)

 ゲームといえば、任天堂●●とか3Dsとか・・・が多いです。小学生低学年からピコピコやってる姿をよく見ますし、我が子もやってます(笑)が、我が家では子ども達が幼稚園の頃から、カードゲームやボードゲームも楽しんでおりまして(^'^)今日も小4娘のお友達が遊びに来た時に、とっても盛り上がっておりました。うちで人気なのは、今日のお題のロッティ・カロッティというドイツのすごろくのようなゲーム。サイコロも使わず、カードを引いてでた数だけ自分のウサギ(駒)を進めるので、小さな子でも簡単。しかも、進む先々に落とし穴があって、ニンジンのカードが出る度に、落とし穴の場所が変わるんです。運悪く自分のウサギの足元に落とし穴がくると、おしまい!こわっ。とっても単純で、運任せのゲームなので、最後まで誰が勝つのかわからない。だからワクワク感が続いたまま楽しめます。ブルーライトもでてないし、目も疲れませんよ!お家に1つあると、お正月なんかも盛り上がること間違いなし(笑)順調にウサギさんが進んでいても、急に目の前に落とし穴がくるなんて・・・私たちの人生模様そのものねっって思ったりしてwww予想できないからこそ、「今」が楽しい。「今」が充実。人生も1つのゲームだものね。